納豆ごはんは世界を救う

第五人格とキャンプとひろゆきにハマる26歳の内省ブログ

2021/01/06(水)

7:30おきて支度して8:30に家出て大学へ。
緊急事態宣言前最後かもと思い、超感染対策していった。

午前中はリスト作りして、昼は私が朝支度してくれている間に夫が作ってくれたお弁当を食べて、午後からは授業。能楽と歌舞伎の映像が面白かった。そして英語でシンプルに説明されるとわかりやすいものだなとおもった。

その後もなんだかんだで仕事して18時過ぎに終わり帰宅。
母から「木の写真送って!」といわれたので上野公園で写真撮って帰る。家族ラインに送ったら父から「幻想的、ハリポタみたい」と言われた写真がこちら。
f:id:greenteaespresso:20210107010132j:plain
ちなみに父はハリポタの映画を家族で観に行った時は映画館で爆睡していた。
写真に対して肝心の母からは「いいね!」というコメントのみだった。

そんなこんなで帰宅路もソーシャルディスタンスを保ち飛沫に気をつけながら帰る。今日の東京の感染者は1500人を超えた。
明日緊急事態宣言が出されるとなり、大学の事務はそわそわしていた。また在宅勤務になるのかどうか、明日発令されてみないとわからないそうだ。
めちゃくちゃ不謹慎だけど、なんかこの感じ学級閉鎖前のクラスのようだな…と思った。

夫が駅まで迎え来てくれて、帰ってすぐに動画の撮影をした。
Amazonの初売りで買った新しい撮影機材が届いていたのだ!
七草粥を作ったんだけど、準備してくれていた夫を邪魔者のように追い出してしまった。撮影中ジーッとみられるのが嫌だったからだが、録画を見返すと私は夫の「(自分が)〇〇やる?」という発言すら私に向けられていてさもやるべきことをやっていないかのように捉えて受け答えしていた。相当緊張していた。
もう少し余裕もってやろ、、、と思いました。

そうしているうちに夜ご飯ができたので少し片付けして夫を呼んで録画を見ながら食べた。
その後、今日の授業の話をして少し動画を見せて、りんごを食べて、マリオテニスをした。

今私はどハマりしているのだが、それゆえもともと全く勝てなかった夫にストレートで勝ってしまうくらいにうまくなってしまった。
それにより夫がつまらなさそうになるので、こちらも気を使…わないんだけど、勝って気分良くなっていたら性格悪いと言われた。がーん。夫は自分が唯一得意だったものも私にとられた、と言う。でも私は最初負けっぱなしだったけど悔しさで練習しまくって上手くなったんだけどなぁ、と思うも、生存者バイアスかなと思ってあまり言えなかった。(でもめっちゃうまくなったよね!?私、とかは言ってた)

難しいね。なんかマリオテニスって、というか対戦のゲームあるあるなのか、めっちゃ負けると悔しいんだよね。分かる。ほんとクソゲーだと思うし、自分の下手さにも萎える。でも勝つと楽しいし、、、ってそういうもんか。

夫はゲーム前から元気なくてクマだらけで、ゲームで負けてさらに元気なくなって、なんなの?!?!と思いながら風呂に入った。
そういうモードになると夫のあれこれ全てにイライラしてしまってダメ。
夫に対していちいち思うことを伝える必要はないよね。
そして私のやり方通りにやってもらう必要もない。自分は自分で何かを作り出すことについて考えることをやめないようにする。